売りたい理由はさまざまあれど

売りたい理由はさまざまあれど

買う側にもさまざまな事情があるように、売る側にもさまざまな事情があります。不動産物件に限らず、世の中は、それで経済が廻っている、とまぁ、筆者はここで、世の中の経済について語れるほど、世の中の経済に貢献してはいませんが、とにかく、不動産売買は、ネット社会になったとしても必ず存在している、ということは言えます。
しかし、あれですね。一般庶民の筆者からすると、不動産売却で悩む、というのは、ちょっと羨ましい状況に見えます。不動産持ち=セレブ、という印象があるのは、私だけでしょうか?自力でお金を貯めて不動産を購入している人もいれば、相続などといった理由によって不動産所有者になった人もいますが、さて、自分が不動産を持っていて、売却する、というようなシチュエーションを想像(可能性が低い分妄想にも近いですが)するにあたり、まずイメージされることは、買った土地がかなり高騰して、売却後かなりバブリーな人生に、なったかと思ったら、借金にまみれて、破産宣告。気づいたら一文無しになって路頭に迷い・・・。
イヤ、ここまでいく前に、小銭持ちでもいいから、静かな老後を過ごしたい、とだけ願い、静かに今日もパソコンに向かっている筆者なのでした。