売りながら住みながら

売りながら住みながら

今住んでいる家を売って、新しい家を、と考える人も多くいます。そんな時考えるのは、「さて、売るのが先か、新しい家を買うのが先か?」ということ。ベストは、売れると同時に買って引っ越す、または買って引越ししたと思ったら売れた(どちらも同じことですが(笑))。これが一番費用的にも少なく済みます。
ただ、人生こんなに上手くいかないもの。どちらかを先に済ませる、という人が多いようです。例えば今の家を売ってから新しい家を買う場合、売却価格が確定しているので、次の物件の予算が明確になります。ですが、売ったあと、新居を決めるまでは、一時的な住まいを確保する必要が有り、また引越しが2回必要になります。逆に新居を購入後、古い家を売却する場合、納得の新居に早々に引っ越すので、余計な費用がかからず引っ越すことができます。が一方、売却価格が確定していませんので、次の家の資金を見積もるのが難しくなります。どちらのケースにしても、メリットデメリットがあり、一概にはどちらが良いかは決められません。
あとは、手元にある現金や、家族の状況(入学・卒業シーズンなど)を総合的に見て判断し、その状況の中で、メリットを最大限に、デメリットを最小限にする努力をしましょう。