売り時はあるのか!?

売り時はあるのか!?

不動産売却を考えたとき、気になるのが、その売り時です。「今は売り時なのか?」「実はもう少し待った方が高く売れるのでは?」などなど。頭の中をぐるぐると?マークが駆け巡っていると、なかなか売り時の決心がつきません。
不動産業界が活気づくのは、春先(3,4月)と秋ごろ。この時期、確かに不動産業界では、動きが激しくなります。が、これはあくまでも目安。この時期に出せば、必ず、高額や好条件で売却が出来るか、と言われると、決してそうではありません。不動産の取引というものは、最終的には、売り手と買い手の縁になります。早ければいい、とか、ずらしたほうが良い、というのは素人にはちょっとわかりづらいのです。
”素人には”と敢えて言ったことには、一つ理由が。仮にその物件の地域で土地区画整理や開発等が予定されている場合、この場合は、土地の価値が大きく変動することがあります。このような情報は、プロの不動産業者の方がたくさん持っている可能性もありますので、素人だけで判断せずに、このような専門の意見も参考にして売り出す時期、売値を決める、というのが良いでしょう。できるだけ好条件で高く売りたいのは、だれでも同じですから、事前の調べは入念にしましょう。